*

クラスの中で中学受験をする割合

私立の中学受験をするお子さんはクラスに1人ぐらいの地域もありますし、公立中学が荒れているという噂の地域ではほぼ半数以上の割合で私立の中学受験をするようです。
最近は公立の中高一貫校が増えているため、経済的・レベル的にも魅力ということもあり学区外であっても受験するお子さんが増えてきました。
私立・公立と合わせてクラスの約4分の一ほど受験する地域もあるようです。
昨今のいじめ問題は、何より保護者の心配であり、教師の質を求めて、また学校の校風が安心して通わせられるということから塾に通わせてでも少しずつ受験者数は増えているようですが、それでもクラスの半数以上が受験する地域を除き、合格者はクラスで1人いるかという状況です。
受験校によって希望者の割合も合格者も変わってきます。
新設の中高一貫校ではどういった試験問題かまだ対策があいまいな塾もあり、試験結果が出るまで読めない状況もあります。
ある程度年数の経った学校ですと、学校対策別のカリキュラムに沿って進めてもらえます。
さらに詳しくはこちら(→http://www.worldundernet.com/)を参考にしてください。



コメントする